石塚 優美子 Ishizuka Yumiko
Voice Alquimista ヴォイス・アルケミスタ

本当の自分、自分にとっての幸せを求めて、迷いながら悩みながら、あっちへ行ったりこっちへ行ったり...
そんな私のそばにいてくれて、パワーを与えてくれ、道標になってくれたのは音楽、歌うことでした。

そして、ある体験をとおして「音は光、愛」というメッセージをいただいてから、
魂の成長と共に自分の声も変わるということに自ら気づきました。
幸福な人生への扉の鍵は、自分の中に在るということを・・・。

一人一人の魂が奏でている音楽(声)が、ダイヤモンドの輝きのようにより美しく、より強く、
この地球上に、宇宙に響きわたって、素晴らしい至福のシンフォニーになることを願っています♪

ヴォイス・アルケミスタ 石塚 優美子


♪ 東京の“小京都”と呼ばれる谷中にあるお寺で生まれ育つ。
三姉妹の次女。3月6日生まれ。

♪ 幼少からピアノを始め、中学から本格的に歌を学び、声楽の道に進む。 
都立芸術高校音楽科及び国立音楽大学声楽科卒業。
音楽を通して、全てにおいて魂に聴くだけ…と本質重視の教育を、音楽家であり霊育家である母から受ける。

♪ 大学在学中より三姉妹で音楽活動を始め、SONY主催のオーディションでの受賞をきっかけに、ライブ活動をしながらラジオ、テレビ等に出演。

♪ 1994年の国際家族年を機に、母&三姉妹
で日本唯一のファミリーアンサンブル
「ファミローザ・ハーモニー」として音楽活動を開始。
女性作曲家作品集のCD制作と楽譜の出版、
音楽浴〜魂を育む”をモットーに国内外でのコンサート活動や、音楽を通して環境のバロメーターである、鳴き砂の保護にも力を注いでいる。

♪ 音楽活動を続けながら、1997年より広告音楽制作会社に7年間勤務。ヴァイオリニストの妹“fumiko”(2003年6月ユニバーサルよりデビュー)のマネージャーを務める。

♪ 2001年、英国NCMA・日本チャイルドマインダー協会認定チャイルドマインダーの資格を持つ。

♪ 2003年、ブライアン・ワイス博士著の『前世療法』『魂の伴侶』に感銘し、
前世療法を学ぶ。その後、ヒプノセラピストとして勤務。

♪ 歌とセラピーの融合に確信を持ち周囲にも認められ、ヴォイスヒーリングとして本格的にセラピーに導入。
ヴォイスヒーリングによって感じとったことをもとに、クライアントが本来の自分に気づきさらに善進していけるようサポートする。
また、“声”を用いて、言葉でなく歌声で前世へ導くという、前世療法とヴォイスヒーリングを融合させた独自のセラピーを行なう。

♪ ピアノ調律師である父(1992年に鳴き砂の環境保護を訴え、風船で太平洋横断中に行方不明になった“風船おじさん”)が常に守り導いてくれ、2004年、魂の旅を求めて行ったポルトガル・ファティマでの貴重な体験を機に、 帰国後『Rose Spirit』を設立。

♪ ゲイ・ヘンドリックス博士による「コンシャス・リビング」(意識的な生き方)、スキルベーシックコース卒業。呼吸・感情・身体の一体感=魂と肉体の調和をさらに確信。

♪ 個人セッションでは、ヴォイスヒーリングで無意識にためてしまっている感情やストレスを和らげる深い癒しと、心身の調和を図る調律で、各人の自然治癒力を高め、日常生活での心身の安定へと導く。
またワークショップやヴォイスレッスン、コンサート活動も行なっている。  

♪ 2004年を機にポルトガルとの縁が深まり、2006年ポルトガル各地の教会で鎮魂歌(Ave Maira)を奉納。
2006.年6月、ポルトガル国営放送(RTP)の超人気TV番組『『Portugal no Coracao』(生放送)にゲスト出演し、ポルトガルNo.1司会者ジュリオ・イシードロと共演。音楽家・ヴォイスヒーラーとして紹介され、歌う。
2006年10月、ポルトガル北部・ミーニョ
地方に在る町ブラガを拠点に、ポルトガル〜スペイン・サンティアゴの巡礼『カミーニョ・デ・ポルトガル』をメインに、巡礼体験旅行を企画。

♪2007年9月14日〜1ヶ月、ファミローザ・ハーモニーとしてポルトガル各地から招聘を受け、日本国際交流基金の助成も受けられコンサートツアーを行う。ポルト、コインブラ、世界最高級の鳴き砂の浜ギンショ、エヴォラ、モンサラーシュ、リスボン各地で、またバチカン公認のファティマの大聖堂で初のコンサートを行い、絶賛を博す。

この時、聖母マリアの奇蹟で知られているシスター・ルシアが最後まで厳重に守られていたコインブラのカルメロ修道院で、奇跡の録音が実現。
2008年2月13日セカンド・アルバム「愛・祈り・感謝」として発売。


HOME